» 通信講座の費用のブログ記事

通信講座で宅建の受験に対応できるまでのスキルを身につけたいと考
えている方の多くは、費用面に関する不安を訴えています。


通学制の講座は、授業や通学で拘束される時間の負担や、
交通費や授業料も多くかかるため、少しでも自宅にいられる時間を多く作り、
費用面の負担を軽減したいと考えるのが本音です。


通信講座の宅建講座には、さまざまなカリキュラムが存在しています。

何度か受験をしている方向けのものから、
初めて受験をされる方向けの学習コースまで多岐にわたります。
もちろんカリキュラムの内容によって費用が変わりますので注意しましょう。


受験が初めての方向けの通信講座の費用を調べてみると、
DVDやWEB学習ができる講座の場合、10万円前後の費用を見積りましょう。


WEB学習がないコース、テキストメインやDVD視聴のみで学習をする場合
8万円程度の費用がかかります。
テキストは補助的で、DVDやWEB上で完全学習を行う場合、
15万円ほどの費用がかかります。

さまざまな通信講座を提供する企業でも、それぞれの魅力がありますので、
費用やカリキュラムを比較検討しながら、自分にとってよりよい講座を選択しましょう。


もし、講座を受講する本人が雇用保険の被保険者期間など、
規定の要件を満たしている場合には、教育訓練給付金がハローワークから支給されます。

もし受給該当に当たる場合は、この制度を利用して通信講座を受講することをお勧めします。

給付額は、受講額の20%相当になります。
10万円を超える費用に対しては10万円が給付され、4千円未満の場合、支給されません。