» 2014 » 6月のブログ記事

宅建(宅地建物取引主任者)は、法律や法令、
不動産取引に関する事柄のスペシャリストとして仕事ができる資格です。


どんなところでも言われるのが「合格率が低い、難問の国家資格」だというところです。


実際この数年間の合格率は15%~20%とされており、
狭き門だということがこのことから分かります。


難しい試験でありながら、合格証書を手にされている方の多くは
「宅建に関する通信講座」を受講していることが分かりました。

やはり、法律等をしっかり学び、理解を深めてから受験に挑みたいところです。

もちろん通信講座に頼らずに、独学でもスキルアップが可能ですが、
そうすると分からないところは分からないままになりがちです。

また、間違った解釈をしてしまうこともあります。

通信制で学ぶことは、自分が自由にできる時間を使って勉強ができるので、
集中して学習できます。また、通学制とは異なり、時間や経費の負担が軽いのが特徴です。

もちろん、合格を大きく左右するのが分かりやすいテキストです。
教材は法律を初めて学ぶ方でも分かりやすく
噛み砕いて説明されているので、理解度が高いのも特徴です。

また選り抜きの講師陣が解説を取り入れ、
講義風に受講できるDVD等の教材はテキストの理解度をより高めてくれます。

テキストの文章だけでは分かりにくかった部分が、
理解できた瞬間は、勉強のモチベーションも持続させていく糧にもなります。


1つの企業が様々なカリキュラムでいくつものコースを提供しています。


資料請求や問い合わせなどでよりよいテキスト探しをしていきましょう。

宅建の合格率は受験者全体の15%~20%程度ととても狭き門だとされています。

付け焼刃、一夜漬けなどと言われる勉強法では、
合格できない試験だと認識するべきでしょう。


書店で購入できる過去問集やテキスト1冊だけでも合格は難しいと思われます。


独学で勉強する際には、通信講座を受けて合格できるまでの力を身につけましょう。


ここで気になるのが、通信講座受講者の合格率です。

宅建の通信講座を開講している企業の情報を探してみると、
フォーサイトでは2013年度の合格実績は、受講者全体の66.42%と好成績です。

また大原では、2012年の合格実績は715名と人数の多さに驚愕します。
LECやクレアールも独自の学習法を打ち出して多くの合格者を輩出しています。


この数字を見る限り、通信講座を受けなければ宅建試験に合格できないと考えた方がよいでしょう。


高い合格率を打ち出しているのは、
合格ノウハウを惜しみなく詰め込んだテキストやDVDの内容にあります。


独自の学習法で他社のテキストと差別化を図り、分かりやすさを充実させています。


受験生にとっては相性の良いテキストに出会えることで、
勉強もどんどんはかどるのではないでしょうか。


そのためには資料請求や体験DVDの申請を行い、自分に合ったテキストを見つけましょう。


テキストがよいから、必ず合格できるのではなく、
テキストに沿っていかに勉強し理解を深めるか、宅建受験生自身の力量が求められます。


勉強がしやすい、分かりやすいテキストを見つけ積極的に勉強をしていきましょう。

宅建を受験したいと考える方は、資格試験の日時を確認することが大切です。
宅地建物取引主任者の試験は、年に一度しか行われません。
通常は10月の第三日曜日に試験が実施されます。
その年の7月から1か月程度、受験者の募集を官報で公告しますので、
合格を目指したい場合は、早い段階での準備が必要になります。


通信講座で合格できるまでのスキルを身につけたいという場合は、
通信講座を提供する企業のHPを参照しましょう。

標準学習期間を提示しているところがほとんどです。

ユーキャンの宅建主任者講座を例にとると、
標準学習期間は6か月とされています。

テキストに従ってコンスタントに進んでいくと6か月以内で
受験できるまでのスキルが身に付くとしています。

仕事などで忙しくなかなか勉強の時間が取れないという方でも、
コツコツ勉強を進めていけば半年間程度の期間で学習は終了できます。

もし、半年間で学習終了できずとも、受講開始日から翌年の宅建試験までの
学習サポートが無料でついていますので、長期戦で受験準備をしたいという方でも安心できるでしょう。


通信講座の内容によっては、最短3カ月で合格できるまでのスキルが
取得できると謳っている場合があります。

宅建の合格率は15~20%程度と狭き門となっていますので、
急いで受験をするよりも、ゆっくり理解度を深めていきましょう。

講師陣の添削によるテストなども何度か受験できますし、
過去問等を通じて力を伸ばすことができるので、より万全の体制で試験に臨むことができます。

通信講座で宅建の受験に対応できるまでのスキルを身につけたいと考
えている方の多くは、費用面に関する不安を訴えています。


通学制の講座は、授業や通学で拘束される時間の負担や、
交通費や授業料も多くかかるため、少しでも自宅にいられる時間を多く作り、
費用面の負担を軽減したいと考えるのが本音です。


通信講座の宅建講座には、さまざまなカリキュラムが存在しています。

何度か受験をしている方向けのものから、
初めて受験をされる方向けの学習コースまで多岐にわたります。
もちろんカリキュラムの内容によって費用が変わりますので注意しましょう。


受験が初めての方向けの通信講座の費用を調べてみると、
DVDやWEB学習ができる講座の場合、10万円前後の費用を見積りましょう。


WEB学習がないコース、テキストメインやDVD視聴のみで学習をする場合
8万円程度の費用がかかります。
テキストは補助的で、DVDやWEB上で完全学習を行う場合、
15万円ほどの費用がかかります。

さまざまな通信講座を提供する企業でも、それぞれの魅力がありますので、
費用やカリキュラムを比較検討しながら、自分にとってよりよい講座を選択しましょう。


もし、講座を受講する本人が雇用保険の被保険者期間など、
規定の要件を満たしている場合には、教育訓練給付金がハローワークから支給されます。

もし受給該当に当たる場合は、この制度を利用して通信講座を受講することをお勧めします。

給付額は、受講額の20%相当になります。
10万円を超える費用に対しては10万円が給付され、4千円未満の場合、支給されません。