宅建の合格率は受験者全体の15%~20%程度ととても狭き門だとされています。

付け焼刃、一夜漬けなどと言われる勉強法では、
合格できない試験だと認識するべきでしょう。


書店で購入できる過去問集やテキスト1冊だけでも合格は難しいと思われます。


独学で勉強する際には、通信講座を受けて合格できるまでの力を身につけましょう。


ここで気になるのが、通信講座受講者の合格率です。

宅建の通信講座を開講している企業の情報を探してみると、
フォーサイトでは2013年度の合格実績は、受講者全体の66.42%と好成績です。

また大原では、2012年の合格実績は715名と人数の多さに驚愕します。
LECやクレアールも独自の学習法を打ち出して多くの合格者を輩出しています。


この数字を見る限り、通信講座を受けなければ宅建試験に合格できないと考えた方がよいでしょう。


高い合格率を打ち出しているのは、
合格ノウハウを惜しみなく詰め込んだテキストやDVDの内容にあります。


独自の学習法で他社のテキストと差別化を図り、分かりやすさを充実させています。


受験生にとっては相性の良いテキストに出会えることで、
勉強もどんどんはかどるのではないでしょうか。


そのためには資料請求や体験DVDの申請を行い、自分に合ったテキストを見つけましょう。


テキストがよいから、必ず合格できるのではなく、
テキストに沿っていかに勉強し理解を深めるか、宅建受験生自身の力量が求められます。


勉強がしやすい、分かりやすいテキストを見つけ積極的に勉強をしていきましょう。