宅建(宅地建物取引主任者)は、法律や法令、
不動産取引に関する事柄のスペシャリストとして仕事ができる資格です。


どんなところでも言われるのが「合格率が低い、難問の国家資格」だというところです。


実際この数年間の合格率は15%~20%とされており、
狭き門だということがこのことから分かります。


難しい試験でありながら、合格証書を手にされている方の多くは
「宅建に関する通信講座」を受講していることが分かりました。

やはり、法律等をしっかり学び、理解を深めてから受験に挑みたいところです。

もちろん通信講座に頼らずに、独学でもスキルアップが可能ですが、
そうすると分からないところは分からないままになりがちです。

また、間違った解釈をしてしまうこともあります。

通信制で学ぶことは、自分が自由にできる時間を使って勉強ができるので、
集中して学習できます。また、通学制とは異なり、時間や経費の負担が軽いのが特徴です。

もちろん、合格を大きく左右するのが分かりやすいテキストです。
教材は法律を初めて学ぶ方でも分かりやすく
噛み砕いて説明されているので、理解度が高いのも特徴です。

また選り抜きの講師陣が解説を取り入れ、
講義風に受講できるDVD等の教材はテキストの理解度をより高めてくれます。

テキストの文章だけでは分かりにくかった部分が、
理解できた瞬間は、勉強のモチベーションも持続させていく糧にもなります。


1つの企業が様々なカリキュラムでいくつものコースを提供しています。


資料請求や問い合わせなどでよりよいテキスト探しをしていきましょう。