宅建を受験したいと考える方は、資格試験の日時を確認することが大切です。
宅地建物取引主任者の試験は、年に一度しか行われません。
通常は10月の第三日曜日に試験が実施されます。
その年の7月から1か月程度、受験者の募集を官報で公告しますので、
合格を目指したい場合は、早い段階での準備が必要になります。


通信講座で合格できるまでのスキルを身につけたいという場合は、
通信講座を提供する企業のHPを参照しましょう。

標準学習期間を提示しているところがほとんどです。

ユーキャンの宅建主任者講座を例にとると、
標準学習期間は6か月とされています。

テキストに従ってコンスタントに進んでいくと6か月以内で
受験できるまでのスキルが身に付くとしています。

仕事などで忙しくなかなか勉強の時間が取れないという方でも、
コツコツ勉強を進めていけば半年間程度の期間で学習は終了できます。

もし、半年間で学習終了できずとも、受講開始日から翌年の宅建試験までの
学習サポートが無料でついていますので、長期戦で受験準備をしたいという方でも安心できるでしょう。


通信講座の内容によっては、最短3カ月で合格できるまでのスキルが
取得できると謳っている場合があります。

宅建の合格率は15~20%程度と狭き門となっていますので、
急いで受験をするよりも、ゆっくり理解度を深めていきましょう。

講師陣の添削によるテストなども何度か受験できますし、
過去問等を通じて力を伸ばすことができるので、より万全の体制で試験に臨むことができます。