宅建とは、宅地建物取引主任者という国家資格を指しています。
この資格を有することで、不動産取引に関するスペシャリストとしての仕事をすることができます。

宅地や建物の売買に必要な資格で、この資格を有さなければ不動産取引に携わることができません。


不動産会社では、従業員の5人に1人以上の割合で宅建主任者を置くことが法律で定められています。

地価の変動が著しい昨今、不動産取引が急増しており、
それに伴う不動産会社の開業が増えている傾向があります。
またデベロッパー企業などでも宅建の有資格者を多く採用する動きがありますので、
就職を有利にしたい方は宅地建物取引主任者を取得しておかれるとよいでしょう。


宅建は国家資格の中でも難しい試験とされており、合格率も低いことで知られています。

通学制の各種学校で授業を受けてもなかなか合格できないと言われていますが、
自分に合ったペースで勉強ができる通信講座であれば、着実に力をつけることが可能です。

通学の負担もありませんし、自由にできる時間を使って勉強ができれば、
理解度も高まることでしょう。


通信講座は、区切りごとに添削指導が受けられる魅力もあります。
自分の弱点を知ることができ、つまずきを解消しながら理解することができます。

通学制の学習では早く学習を終えられるというメリットがありますが、
単元ごとに分からないまま終わってしまうというデメリットがあります。

通信制ではテキストやDVDで復習ができるので、分からないままで学習が進むことはありません。


>>独学で宅建を目指す方はこちら

ユーキャンとフォーサイトの宅建講座の違い